MAS監査とは

中期経営計画書をベースに算定した単年度計画書の計画数値と実際の経営実績値を対比させ、そのズレ(経営リスク)を把握します。
そして検討事項や改善事項を明確にして、経営実績報告書を基にあんしん経営をサポートします。


 

トップが将来を見据え中期ビジョン(戦略)を示し、幹部と共に来期の戦術を具体化します。 更に毎月の達成管理を徹底することで「経営サイクル(PLAN→DO→SEE)」の仕組みが確立され、「先見経営・先行管理」が実現できます。





合法的なタックスプランは、利益の適正分配と内部留保を具現化し、企業体力を高めます。
決算予測を行い、必要に応じ専門的アドバイスを行います。

 

経営の安定化を図るために、企業に潜む4つのリスク(財務・信用・経営経常・純粋)を顕在化し、 改善への糸口を見出すための分析を行います。

 

事業の承継は、企業が社会の公器である以上必然といえます。 自社株のスムーズな後継者へのバトンタッチが可能かどうかを概算分析します。

 

同族会社における経営者の個人財産は、企業経営に大きな影響力を持っています。 経営者の相続に伴う納税資金繰りや財産の分割に伴う相続リスクを分析します。

 
お問合せ
岡田浩介税理士事務所

〒720-0812
福山市霞町4丁目4番13号
TEL:084-921-8531
FAX:084-921-8553
メールでのお問合せ


大きな地図で見る  

将軍の日